興信所選びに迷ったら・・・

興信所選びに迷ったらこちらのサイトで、興信所の一覧表や体験談を見てみてください。

興信所料金評判ガイド|浮気調査から結婚前調査まで


↓浮気調査なら原一探偵事務所↓

24時間365日全国対応の【原一探偵事務所】

もし悪徳探偵に引っかかったと思った時に相談するべきは、市町村が運営している「消費者センター」です。連絡先は直接市役所に問い合わせるといいでしょう。探偵業に関わらずどこかの業者から詐欺的な被害にあったと思ったら、まず最初に公的な組織(消費者センター、あるいはもはや犯罪的だと感じたら警察)に相談するのがベストです。ちなみに探偵業者は探偵業法において公安委員会の管轄におかれますので、都道府県の公安委員会...

探偵に依頼するなら業界でもトップクラスのところに依頼したいと思っている方に人気があるのが、MR探偵事務所です。とにかく相談件数の実績が多いと評判になっていて、その数なんと年間1万2248件!これだけの相談を請け負っている探偵事務所はなかなかないでしょう。そして、その中でも家出調査には非常に定評があります。株式会社MRは調査員全てが、専門の学校を卒業した卒業生のみで構成されています。転職で全く違う分...

興信所の結婚前調査で水商売の経歴やギャンブル好きなどがわかる?もちろん事例による差や個人差はあるのですが、ほとんどの都合の悪いことは興信所の調査によってバレてしまうと考えておいた方が無難です。まず水商売の経歴ですが、裏方だけをやっていたのであればさほどバレる危険性はないかと思います(それでもゼロではありません)。しかし表だってホスト・ホステスとして働いていたりすれば、探偵がその気になって調査すれば...

結婚相手が在日かどうか調べたい・・・探偵事務所や興信所を使う前に注意したいことは?結婚相手の血筋については、気になるものの聞きにくいことがありますね。実は在日の外国人だったり…。そう感じる瞬間があるならますます気になるもの。結婚は自分たちだけの問題ではないので、気になることは早めに知っておくのがベスト。何でもオープンに話せる間柄なら悩むまでもないでしょうが、お見合いで知り合った相手だったり、出会っ...

勝手にメールを見たことは裁判で不倫の証拠になりますか?まず大前提として、刑事事件に関しては違法な方法で収集された証拠は、裁判の証拠とは認められないという大原則があります。そうしないと公権力による違法な捜査を、事実上認めてしまうことになるからです。これは民事裁判においても、原則同様です。では勝手にメールを見ることは、違法といえるでしょうか。個人情報の保護が注目される現在、これは夫婦間といえども厳密に...

身元調査やどこに勤めているのか調査したいけど費用はどれくらい?ある特定の人物の身元や勤務先が知りたいときがありますね。例えば…。娘の結婚相手の身元や勤め先が気になる。特に、本人が言っていることが疑わしい場合などは確証を取りたくなりますね。あるいは、元夫や元彼と連絡を取りたいけど、自宅には行きたくない、という場合など。勤め先さえ分かったら、会うことも簡単になりますね。そんなときには探偵事務所を活用し...

身上調査において、弁護士はどこまでしらべられる?弁護士は法律の専門家であり、自分自身も当然法律の範囲内でのみ活動できます。したがって弁護士として調査できるのは、個人情報の保護に引っかからない公開されている情報、あるいはなんらかの手続きをすれば誰でも調べられる情報に限られます。ある意味、この辺りは私たち素人と条件は同じです。(もちろん、その合法的な手法に対する知識、経験は雲泥の差がありますが)従って...

おすすめの興信所についてご紹介する前に、興信所と探偵事務所の違いについてお話します。結論から言うと、現在ではこのふたつに大きな違いはありません。実際、このふたつが合体している事務所が多くなっています。では、どうして二通りの言い方があるのか、それぞれのサービス内容の違いについて説明しますね。探偵は、行方不明の人を探したり配偶者の浮気相手を特定したりします。身分を隠して調査するので、調査対象の行動を追...

不倫慰謝料裁判で、第三者の証言がないとやはりダメでしょうか?不倫による慰謝料裁判において、第三者の証言はもちろん重要な証拠の一つです。ただしその第三者の信用性、出廷して証言可能かどうか、複数人数いるのかどうかなど、意外とそろえるのが難しい証拠の形でもあります。実は不倫慰謝料裁判において、一番確実な証拠と言われているのが、浮気現場の写真もしくはビデオです。それもただ食事やお酒を飲んでいたという場面で...

不倫弁護士は不倫調査においてどこまで調べれる?不倫弁護士というとなにやら物騒な響きがありますが、要は離婚訴訟に関する弁護士ということですね。その場合の弁護士の仕事としての目的は、依頼者のために有利な判決、調停、示談の結果を勝ち取るということになります。弁護士は、そのために必要なことをすべて調べます。有利になる条件とは、不倫の動かぬ証拠と、不倫相手の意志です。動かぬ証拠としては、やはり浮気現場の写真...