私は空港で働いていました。

 

ある日、旅客の先輩が同じ部署である旅客の方と結婚をしたと伺いました。その際は、祝福したのですが、結婚してすぐに、その旦那が同じ旅客の後輩と不倫をしているとの噂が耳に入りました。

 

結婚をしてまだ1年も経っていない、それどころかまだ半年も経っていない新婚さんでしたので、はじめはただの悪い噂だと思っていました。しかし、その噂が消えることもなく、日に日に色々な噂が入って来ました。夫婦である2人と不倫の噂が経っている女性は同じ部署であるにもかかわらず、職場でキスをしていたとか、抱き合っていたなどとか信じられないことが耳に入ってきました。

 

自分の目で見たわけではなかったので信じていませんでした。しかし、ある日不倫相手と噂されている女性が部署異動になったのです。それは、不倫相手の女性から部長に部署異動を懇願した様なのです。

 

彼女は仕事はまじめで、とても仕事が出来る女性でした。部署異動してから、彼女が不倫をしているのは本当のことだと彼女本人から聞きました。不倫しているのを悪びれた様子もなく、ごく普通に付き合っているといった感じでした。彼らが結婚して1年足らずで離婚しました。

 

離婚してからも、元嫁と元旦那は同じ部署で働いていた為、とても気まずそうで、周りの人たちも、とても気を使っていました。

 

仕事もしづらかったことと思います。不倫して略ばく愛した彼女は、とても、毎日楽しそうでした。元嫁から奪ったことなど何一つ気にせず、冷酷な人間だと思うこともありました。反対に元嫁は、離婚してからしばらくは、とても落ち込んでいて可哀想なくらいでした。周りの人たちは、それを見ていて次第に不倫相手だった彼女を仕事以外では避ける様になり、彼女の味方をする者は誰1人いなくなりました。孤独になったのです。

 

しかし懲りずに彼女は今度別の男に手を出しました。同じ会社ではなく、代理店さんに手を出したのです。それも、1人ではなく、何人もの男に。その話は直接本人から聞きました。肉体関係者がいると。

 

私は彼女を無視することも悪口を言うこともなく彼女が日常の会話をする唯一の人間でした。

 

だからこそ彼女が私に話したのでしょう。私も呆れましたが、彼女の人生だ、私は関係ない、と正直開き直って聞いていました。彼女はその後略ばく愛した彼氏をふりました。そして、7日間の出張先で出会った彼と出会ったその日に付き合い、交際して1年以内で結婚しました。

 

彼女はその後退職し、妊娠し、今は1人の母になっています。SNS上で彼女の近況を見ていたら、子供もいて、旦那もいて、とても幸せそうにしています。彼女は、略ばく愛した際の元嫁さん、略ばくしたけれど彼女が一方的に別れを切り出したその男にどんな気持ちがあるのでしょうか。

 

少しでも、申し訳なかったとか、後悔の気持ちはあるのでしょうか。そして肉体関係者には同じく妻子持ちの人がほとんどだったのですが、彼女は人の旦那をどんな気持ちで寝取れるのでしょうか。私は、別に損もなければ、なんの害もないのですが、正直腹がたちます。周りをこんなに沢山不幸にした彼女にこんな幸せが訪れていいのでしょうか。

 

彼女の子供にはなんの罪もないし、彼女と結婚した旦那様にもなんの罪もないのですが、神様がいたら、彼女に天罰を与えなくて良いのでしょうか。人間の在り方として、彼女と出会って、いろいろと考えました。

 

やはり不倫はよくない。双方の事情が何かしらあったのかもしれない。だけど、不倫することによって、関係のない人にまで迷惑をかけてしまう。自分本位になってはいけない。反面教師として、私の中にいつまでもこの考えが刻まれることでしょう。

興信所選びに迷ったら・・・

興信所選びに迷ったらこちらのサイトで、興信所の一覧表や体験談を見てみてください。

興信所料金評判ガイド|浮気調査から結婚前調査まで


↓浮気調査なら原一探偵事務所↓

24時間365日全国対応の【原一探偵事務所】

関連ページ

現代における浮気事情…それはまさに「私の知らない世界」だった!時を経て、かくも世の中は変わっていた!
結婚前調査や浮気調査をするのに役に立つのが、興信所!その興信所の料金を詳しくチェックしたサイトがこちらです!
不倫ばかりを繰り返している女の子は、婚期が遅れる?
親友ももうすぐ40歳。私的にはお互いの子どもたちを一緒に遊ばせたり、家族ぐるみで付き合いを続けたりしたいんだけど、親友はなかなか結婚できないみたいなので、なかなか難しそうです。妻子持ちを彼氏に選んでいる時点で、
ドラマもびっくり、友人の浮気と不倫、そして修羅場。
浮気や不倫とは、幸い縁がなく、旦那とは順調に暮らしている私です。 もちろん平和一色ではなく、喧嘩して別れの危機!なんていうことはありましたが、お互い派手な恋愛関係は、今もこれまでもありませんでした。