損害保険の契約で起こった相続人の捜索について

損害保険会社に8年勤務しておりました。
そこで体験した相続人調査について記載いたします。

 

前段階として、積立保険の契約者様が亡くなった場合は、法定相続人の方に名義変更をし、契約を継続あるいは解約の手続きをして頂くことになります。

 

しかし、法定相続人の方がどなたもいらっしゃらない場合は、折角積み立てて頂いたお金を誰にもお支払いすることができないので、保険会社の利益(会計処理上は雑収入といった方が正しいかもしれません)となります。

 

私が関った方はご高齢の1人暮らしの方で、奥様は既に亡くなり、お子様もいらっしゃいませんでした。
お子様がいらっしゃらない場合は相続の権利は親にも発生しますが、そもそも契約者様が高齢のため親御さんも亡くなっているであろうと推測されました。

 

ですが、保険会社としては推測だけで相続の手続きを止めるわけにもいかず、戸籍の第三者請求を行って、親御さんが本当に亡くなっているのか、ご兄弟はいらっしゃらないか等を調べなければいけないのです。

 

戸籍を請求するフォームは役所によって様式が異なるので、まず役所のHPフォームとその他に必要な書類を確認します。

 

そこに会社の印鑑を押して(この印鑑を押してもらうのも上司の決済がいるので面倒くさい)、役所に出向いて、社員証がない会社だったので保険証と運転免許証(他人の保険証を使っていないか疑われたら困ると思い、保険証と抱き合わせで提出した)を見せて、窓口の人に経緯を説明し、契約当時の申込書の控も見せて、ようやく戸籍謄本が貰えます。

 

戸籍を確認したら本当に相続人に該当すべき人が存在しなかったので、本件は相続人不在ということで対応完了となりましたが、保険会社に入ったのに探偵みたいな人探しをするとは思いませんでした。

 

この案件は相続人がいなかったらまだ良かった方です。

 

もし相続人がいたら今度はその人たちの連絡先を調べねばならず余計時間がかかったはずですから。
相続人がいない人は保険の契約を残しておかず、ご存命のうちに解約して使ってしまった方が良いと思います。

興信所選びに迷ったら・・・

興信所選びに迷ったらこちらのサイトで、興信所の一覧表や体験談を見てみてください。

興信所料金評判ガイド|浮気調査から結婚前調査まで


↓浮気調査なら原一探偵事務所↓

24時間365日全国対応の【原一探偵事務所】

関連ページ

会社の同僚男性が突然失踪した話
結婚前調査や浮気調査をするのに役に立つのが、興信所!その興信所の料金を詳しくチェックしたサイトがこちらです!
友人が失踪したと思われ人探しの調査が行なわれました
結婚前調査や浮気調査をするのに役に立つのが、興信所!その興信所の料金を詳しくチェックしたサイトがこちらです!
祖母が行方不明になって捜索願を出した。
結婚前調査や浮気調査をするのに役に立つのが、興信所!その興信所の料金を詳しくチェックしたサイトがこちらです!
人探しを探偵事務所に依頼したことがあります
結婚前調査や浮気調査をするのに役に立つのが、興信所!その興信所の料金を詳しくチェックしたサイトがこちらです!